top of page

自分の居場所に繋がる


家族会に参加して…

 10月の家族会の講師は茨城ダルクの岩井さんでした。

講義の中で女性の依存症は性の問題も関係していて難しいと話されていました。

 まさに私の娘がそういう事例でした。

現在20代の娘は市販薬•処方箋薬のOD、自傷行為がありました。またホスト依存もあり、風俗の仕事もしていました。

 多量の薬を服用しフラフラで保護された娘をあちこちの警察署に引き取りに行ったり、精神科への 入退院の繰り返しでしたが、状態は悪くなるばかり。いろいろな所に相談に行きましたが、曖昧なアドバイスしかしてもらえませんでした。

 岡山ダルクへの相談から家族会ぴあに参加し個別相談で初めて、尻拭いをしないこと、家から出すこと、妊娠のリスクからの回避として 親がするべき事の アドバイスを 受けました。

 それからは警察から電話があっても迎えに行かず、娘の取引のような言動に対しては拒否するようにしました。

家から出すことは、娘が死んでしまうかもと暫く決心がつきませんでした。しかし毎日娘のことを見張るような生活から、私が解放されたくて 数年前に家を出しました。問題が解決したわけではありませんが、今のところは何とか生活しているようです。

 家族会やダルク以上に、女性の依存症と 隣り合わせにある 性の問題に対して切り込んで話をしてもらえる所はありませんでした。

娘さんのことで悩んでいる方こそ家族会に繋がってほしいと思います。

お待ちしてます🙇‍♀️

執筆者 y


閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page